野球の発祥はどこ? 野球の起源とアメリカの野球の歴史を徹底究明!

baseball

ナイターや甲子園を見ていてふと疑問に思ったことはありませんか。

野球の歴史ってどのようなものなのか知らない。同時にアメリカの野球発祥はどこなのか?

野球が盛んな日本では野球の発祥の地はどこなのか? ということです。

テレビでも歴史の番組はありますが、野球の歴史や発祥をフィーチャーした番組はあまり見たことがありません。

なので、今回独自に野球の発祥がどこなのか? また日米双方の歴史について調べたら色々なことが分かりました。

野球の発祥や歴史などに興味がある方は是非読んでみてくださいね。

野球の発祥はラ・シュールという球技から

野球の原型はラ・シュールという12世紀に誕生したフランスのスポーツが起源とされています。

また現在の球技の原型となっているといわれています。

ラ・シュールは、2チームに分かれ足や手に、同部を身に着けて敵陣にある2本の杭の間にボールを通すというスポーツです。

サッカーやラグビーにも似ているという特徴もあります。

野球の起源は約2000年前

ラ・シュールが野球の発祥というのは、あくまでもスポーツではという条件の下でのことです。

スポーツではない野球、つまり野球の起源となると2000年前まで遡ることになります。

2000年前のエジプトでは野球の原型と思われるものが、残されているからです。

当時の王が棒で球を打ち、球が飛んで行った方向から農産物が豊作になるかどうかの占いをするというもの。

野球の起源はスポーツではなく、占いに近かったことが分かります。

ラ・シュールから野球への変化

ラ・シュールから野球にすぐに変化していったわけではありません。

その間にストリートフットボール、ラウンダーズ、タウンボール、ベースボールと変化いきました。

1791年にマサチューセッツ州ピッツフィールドの町の九ラウンド利用の際の文章で

baseballという言葉が出てきています。

ラ・シュールから始まり500年以上たってようやくベースボールがあったことを裏付ける資料です。

ストリートフットボール、ラウンダーズ、タウンボールがどのようなスポーツだったのか。またルールはどのようなものだったのかを紹介していきますね。

ストリートフットボール

フランスからイギリスに伝わりラ・シュールから変化したのが、ストリートフットボールです。

牛や豚の直腸などをボールにして、ボールを敵陣内にあるゴールまで運ぶというものです。

どちらかといえば、ラグビーに近いと言ってよいでしょう。

ラウンダーズ

小石を靴下の中に詰めたものをバッターに投げ、バッターは船の艪などで作られたバットで打つというものです。

限りなく野球に近いルールで、五角形のグラウンドを1周すると1点となり、打球をノーバウンドもしくはワンバウンドで取った人が次の打者になるというものです。

タウンボール

19世紀中ごろニューヨークでボランティアの消防団をしていたアレクサンダー・カートライトが団員間の結束と運動不足の解消にしたのがタウンボールの始まりです。

それまで地域によって違っていたルールを決め、現在の野球のルールにもなっている、

・攻撃と守備側それぞれ9人ずつ

・3アウトで攻守が交代

などを発案しました。

そしてさらに細かくルール改正を繰り返しタウンボールはベースボールとなりました。

野球の発祥地アメリカの歴史について

最後にアメリカと日本における野球の歴史について触れていきます。

両国共に国民的スポーツとなっている野球ですが、どのような歴史があるのでしょうか。

野球発祥として有名なクーパーズタウン、本当は違う?

アメリカのクーパーズタウンといえば、野球の聖地ともいわれている町で、野球殿堂博物館があることで有名なので聞いたことある方もいるのではないでしょうか。

クーパーズタウンが野球発祥の地として知られているのは、南北戦争の英雄アブナー・ダブルデイ将軍によって1839年ベースボールが考案されたというダブルデイ説があるからです。

その後スティーブン・クラークが野球殿堂博物館を建てます。

ですがこのダブルデイ説、後々になり不自然なところが多々指摘されるようになり、結局、嘘だったことは分かります。

クーパーズタウンが野球の聖地であり続ける理由

野球博物館への殿堂入りが、野球をしている人たちにとって最終目的地だからです。

殿堂入りは野球に攻勢にあった人物が全米野球記者協会によって、選出した元選手や経営者が殿堂入りしています。

日本でも名球会というのがありますが、どこか盛り上がりに欠けています。

理由は名球会入りのセレモニーというのもありますが、試合開始前のセレモニーの一部として行われるだけです。

逆にアメリカの野球殿堂入りとなると、毎年7月下旬にクーパーズタウンで記念式典が行われ、小さい町にも関わらず数万人のファンが押し寄せるほどです。

クーパーズタウンが野球発祥地ではなくても、ファンに愛されるのは、野球殿堂があり殿堂入りすることが最高の権威性と信頼性があるからでしょう。

まとめ

野球の歴史はスポーツの歴史からみれば12世紀。野球の起源からみれば、エジプト時代までさかのぼるという歴史に驚いた方も多いのではないでしょうか。

また個人的にはクーパーズタウンが野球発祥の地ではなかったことに、非常に驚きました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *